医療技術は多くの人を救う

技術の進歩で「不治の病」も

 一昔前を振り返ってみると、ある人が大きな病気にかかって死んだと聞いても、その病気なら今となっては病院に行けばなんて事は無くすぐに治ってしまうような病気だと思った人もすくなくないでしょう。
 当時は不治の病として恐れられていたという病気がたくさんありましたが、医学が進歩した結果、今は本当に怖い病気もだんだんと減ってきているように思えますが、それでもガンや脳梗塞、心筋梗塞を代表する難病やまたは重大な病気に関しては医学の技術が進歩しているとは言え、まだまだ課題は多いようです。
 しかしそれでも医療技術の進歩は大変すさまじく、日進月歩、常に進歩していると言っても過言ではありません。世界のいろいろな国が1つでも多くの新薬を開発し、また医療技術も毎日毎日進歩しているのです。
 このように医療技術が進歩していくことにより、昔で言う不治の病もごく普通の病気となったり、今でも不治の病であっても、それこそ数日、数カ月もすれば簡単に治る病気になってしまうことも夢ではありません。この進歩により、これからももっともっと難しい病気や原因が分からなかった病気もどんどんと解明され、治らなかった病気もいとも簡単になおってしまうほどが医療技術が進むものと思われますし、それこそ事故や何かしらの原因で手足を失うことになったり、火傷などにより皮膚が損傷したとしても、医学の進歩によりまたは医療技術の発展によってそれらも比較的簡単になおせる日も来るのもそれほど遠くは無いでしょう。それだけでなく、世界中のどこの国もが技術の進歩により目まぐるしい進歩を遂げているのですから、もしかすれば不治の病が治るというだけではなく、人間は病気すらならないような素晴らしい薬や技術を開発してしまう日も遠くないのかもしれません。病気とは何かわからなくなるような人も将来出てくるかもしれません。人類が幸せにいつまでもい続けるためにも医学の進歩は必要不可欠なのです。